Ascoseirales
Ascoseirales es un orden de la clase Phaeophyceae (algas pardas). Es un orden monotípico que contiene una única especie, Ascoseira mirabilis Skottsberg.

Esto es un extracto del artículo Ascoseirales de la enciclopedia libre Wikipedia. En Wikipedia hay disponible una lista de los autores.
En los últimos 30 días se ha accedido 53 veces al artículo Ascoseirales en es.wikipedia.org. (Versión: 21.07.2013)
Imágenes de Ascoseirales
Vista previa:
Original:
Resultados de la búsqueda de Google y Bing
1
>30
1
Ascoseirales - Wikipedia, la enciclopedia libre
Ascoseirales es un orden de la clase Phaeophyceae (algas pardas). Es un orden monotípico que contiene una única especie, Ascoseira mirabilis Skottsberg.
es.wikipedia.org/wiki/Ascoseirales
2
>30
2
Ascoseira - Wikipedia, the free encyclopedia
Kingdom: Chromalveolata. Division: Heterokontophyta. Class: Phaeophyceae. Order: Ascoseirales Petrov. Family: Ascoseiraceae Skottsberg. Genus: Ascoseira
en.wikipedia.org/wiki/Ascoseira
3
>30
3
iNaturalist.org · Order Ascoseirales
Ascoseira is a monotypic genus of seaweed in the brown algae (class Phaeophyceae). The single and type species, Ascoseira mirabilis Skottsberg, is a large ...
www.inaturalist.org/taxa/152252-Ascoseirales
4
>30
4
NaturaLista · Orden Ascoseirales
Ascoseirales. ... Enlace permanente. Búsqueda. Orden Ascoseirales, un miembro de Algas Pardas (Clase Phaeophyceae). Clasificación. Dentro de NaturaLista.
conabio.inaturalist.org/taxa/152252-Ascoseirales
5
>30
5
Ascoseirales - Wikispecies
12 May 2011 ... Supergroup: Bikonta Regnum: Chromalveolata Divisio: Heterokonta Classis: Phaeophyceae Ordo: Ascoseirales Familia: Ascoseiraceae ...
species.wikimedia.org/wiki/Ascoseirales
6
>30
6
Sexual Reproduction of the Antarctic Brown Alga ... - Walter de Gruyter
23 Oct 2009 ... Sexual Reproduction of the Antarctic Brown Alga Ascoseira mirabilis (Ascoseirales, Phaeophyceae). D. G. Müller / R. Westermeier / A. Peters ...
www.degruyter.com/view/j/botm.1990.33.issue-3/botm.1990.33.3.251/botm.1990.33.3.251.xml
7
>30
7
Seasonal photosynthetic characteristics of Ascoseira mirabilis ...
Seasonal photosynthetic characteristics of Ascoseira mirabilis (Ascoseirales, Phaeophyceae) from King George Island, Antarctica ...
epic.awi.de/1027/
8
>30
8
Reproduction and early development of ascoseira mirabilis ...
A. mirabilis, a large brown alga endemic to the Antarctic Peninsula and the Scotia Arc, was assigned with uncertainty to the Fucales or to the monotypic order ...
triscience.com/Cells/reproduction-and-early-development-of-ascoseira-mirabilis-phaeophyta-with-notes-on-ascoseirales
9
>30
9
Sexual Reproduction of the Antarctic Brown Alga ... - DeepDyve
... Alga Ascoseira mirabilis (Ascoseirales, Phaeophyceae). Sexual Reproduction of the Antarctic Brown Alga Ascoseira mirabilis (Ascoseirales, Phaeophyceae) ...
www.deepdyve.com/lp/de-gruyter/sexual-reproduction-of-the-antarctic-brown-alga-ascoseira-mirabilis-kWzOAmA8gt
10
>30
10
Ascoseirales - WikiLingua.net
Ascoseirales és un ordre de la classe Phaeophyceae (algues pardas). És un ordre monotípico que conté una única espècie, Ascoseira mirabilis Skottsberg.
www.wikilingua.net/ca/articles/a/s/c/Ascoseirales.html
Resultados de la búsqueda para "Ascoseirales"
Google: aprox. 2.960
Ascoseirales en el ámbito científico
Ascoseirales - Wikipedia, la enciclopedia libre
Ascoseirales es un orden de la clase Phaeophyceae (algas pardas). Es un orden ... World-wide electronic publication, National University of Ireland, Galway.
Ascoseira - Wikipedia, the free encyclopedia
Order: Ascoseirales Petrov. Family: Ascoseiraceae ... World-wide electronic publication, National University of Ireland, Galway. Archived from the original on 12 ...
Ascoseirales - Wikipedia bahasa Indonesia, ensiklopedia bebas
Ascoseirales adalah ordo pada filum Phaeophyta atau ganggang coklat. ... World -wide electronic publication, National University of Ireland, Galway. Diakses ...
Ascoseirales - Wikipédia
L'ordre des Ascoseirales est un ordre d'algues brunes de la classe des ... World- wide electronic publication, National University of Ireland, Galway., consulté le ...
Ascoseirales - WikiLingua.net
Ascoseirales és un ordre de la classe Phaeophyceae (algues pardas). És un ordre ... World-wide electronic publication, National University of Ireland, Galway.
[PDF]Sexual Reproduction of the Antarctic Brown Alga ... - Walter de Gruyter
6 Aug 2013 ... Institute de Botanica, Universidad Austral de Chile, Casilla 567, Valdivia, Chile ... the monotypic order Ascoseirales, which has no evi-.
[PDF]Conducting Channels - Walter de Gruyter
13 Aug 2013 ... Ascoseira mirabilis(Ascoseirales, Phaeophyceae). M. N. Clayton and C. M. Ashburner. Department of Botany and Zoology, Monash University, ...
Register of Antarctic Marine Species (RAMS) - Ascoseirales
7 Mar 2008 ... Ascoseirales. In: Guiry, M.D. & Guiry, G.M. (2013). AlgaeBase. World-wide electronic publication, National University of Ireland, Galway ...
Ascoseirales - Wikispecies
12 May 2011 ... Name[edit]. Ascoseirales Petrov, 1964 ... World-wide electronic publication, National University of Ireland, Galway, accessed on 2009-08-23.
Seasonal photosynthetic characteristics of Ascoseira mirabilis ...
1 Jul 1995 ... Seasonal photosynthetic characteristics of Ascoseira mirabilis (Ascoseirales, Phaeophyceae) from King George Island, Antarctica. I. Gómez,; C.
Libros sobre el término Ascoseirales
Algas como indicadoras de contaminación
Algas como indicadoras de contaminación
Enrique Javier Peña Salamanca, Matha Lucía Palacios Peñaranda, Natalia Ospina Alvarez, 2005
Glaucophyta 2.1.Glaucophyceae Cyanophorales Gtoeochaetales Glaucocystales Cutleriales Dictyosiphonales Chordariales Sporochnales Desmarestiales Laminariales Rucales Durvillaeales Ascoseirales V. Las algas verdes: ancestros de ...
Berichte Zur Polarforschung
Berichte Zur Polarforschung
1998
32: 525-535 Clayton M. N. (1989): Isogamy and a fucalean type of life history in the Antarctic brown alga, Ascoseira mirabilis (Ascoseirales, Phaeophyta). Bot. Mar: 30:447-506 Clayton, M. N. (1994): Evolution of the Antarctic marine benthic  ...
A Textbook of Algae
A Textbook of Algae
A.V.S.S. Sambamurty, 2005
... Chaetangiaceae Family: Acrochaetiaceae Family: Gelidiaceae Family: Hormosiraceae Family: Sargassaceae Order:DURVILLAEALES Family: Durvillaeaceae Order: Ascoseirales Family: Classification of Algae Classification by Michael ...
Biology of Polar Benthic Algae
Biology of Polar Benthic Algae
Christian Wiencke, 2011
One order, the kelp-like brown algal order Ascoseirales, and several genera are endemic to the Antarctic. The endemic genera include the phaeophytes Himantothallus, Cystosphaera and Phaeurus, the rhodophytes Gainia Notophycus and ...
Progreso de las búsquedas en Google
Entradas de blog sobre el término
Ascoseirales
flora-harbet riyadi: flora
flora-harbetriyadi.blogspot.com/2011/11/flora.html
スペイン語攻略日記: 日記開始~生物の分類名
スペイン語攻略日記スペイン語攻略のために必要な知識の同定の作業の経過を記録して行く。(おって、他の言語のすべてのついても同様の作業日誌を作る。)必要知識と考えられるのは次のとおり。①スペイン語圏の地理②スペイン語の主な人名③スペイン語の主な作家・作品④スペイン語の主な歌手・曲名⑤スペイン語の基本単語・熟語(名詞、形容詞、動詞というように易しいもの、日本語に取り入れやすいものから、背景知識とともにシソーラスを作るように)*百貨辞典的知識とともに整理する。たとえば動物学の知識・用語など。⑥文の作り方(活用・変化・結合・並べ方・叙述テクニック)***⑤について。動物に関する単語。参考資料、ロジェシソーラスとインターネット検索の情報。万物は抽象事物と具象事物(有体事物)に分かれ、有体事物は生物と無生物に分かれ、生物は(いちおう)植物と動物に分かれる(ただし、この区別はあいまいであるし、網羅的でもない。生物と無生物との境界にある機械知性、存在が仮定される集合知性としての種族や国家や言語体系・記号群・複雑系など、あるいはウイルスのような原始生命は、孰れにも分類しがたい)。語彙としては、一般語彙と、分類語彙(種を区別する語彙)に分かれる。方法としては、まずシソーラスとネット検索情報を利用して、日常的な言語生活を営む上で必要な基礎語彙を網羅的に取捨整理して行く。そのためには当然、生物学的、動物学的、植物学的な知識の整理が必要となる。(市販のスペイン語書籍の単語を見て、あまりの偏りぶり、たとえば「豚」に当たるスペイン語が載っていないなど、に驚くとともに、あらかじめ必要語彙を網羅的に整理しておかなければ、とてもじゃないがスペイン語の必要知識を満遍なく覚えることはできないことに気づいた。)***動物の分類語彙について。まず「今すぐ話せるスペイン語単語集」に収録されている動物分類単語は次のとおりである。1.全体・・・animal(動物)2.哺乳類・・・ciervo(シカ)、elefante(ゾウ)、hipopotamo(カバ)、jabali(イノシシ)、jirafa(キリン)、leon(ライオン)、lobo(オオカミ)、mono(サル)、oso(クマ)、rinoceronte(サイ)、tigre(トラ)、zorro(キツネ)、toro(雄ウシ)、vaca(雌ウシ)、ballena(クジラ)、perro(イヌ)、gato(ネコ)。3.鳥類<pajaro(鳥)>・・・paloma(ハト)4.爬虫類・・・serpiente(ヘビ)5.両生類・・・なし6.魚類・・・なし7.その他・・・insecto(昆虫)、pulga(ノミ)ウマ、ブタ、ヒツジ、ヤギ、ロバなど重要な哺乳類が欠けているし、鳥類以下についてはほとんど何も入っていない。ほかに食料の項目に分類されているものもいくつかあるものの、数は少なく、この単語集を覚えるだけでは、不自由なくスペイン語をしゃべれる・書ける・読める・聴き取れるようになるのは絶対に不可能であることが明らかである。鳥をハトしか知らず、爬虫類をヘビしか知らず、両生類や魚類にいたっては何一つ知らず、虫としてはノミしか知らない、というのでは、ただの白痴であろう。スペイン語の知識を日本語で表現するのと同じレベルにまで到達させることを最低目標とする以上は、やはり必要最小限知っておくべき単語を網羅した上で、それらをあらわすスペイン語をすべて調べ上げ、まとめて整理して覚える、という地道な作業をする以外ないだろう。「基礎スペイン語文法」により新たに判明した動物名は次のとおりである。1.全体・・・なし。2.哺乳類・・・caballo(ウマ)、burro(ロバ)、buey(雄ウシ)、cabra(ヤギ)、oveja(ヒツジ)、conejo/liebre(ウサギ)、raton(ネズミ)。3.鳥類<pajaro(鳥)>・・・gorrion(すずめ)、pollo(雛鳥)、aguila(ワシ)。<一般語彙>ala(翼)、pico(くちばし)、nido(巣)。4.爬虫類・・・なし。5.両生類・・・rana(カエル)。6.魚類<pez(魚)>・・・salmon(サケ)、sardina(イワシ)、bacalao(タラ)、atun(マグロ)、anguila(ウナギ)、carpa(コイ)。7.その他・・・<陸生>mosca(ハエ)、mosquito(カ)、mariposa(チョウ)、hormiga(アリ)、abeja(ハチ)。<海生>marisco(海産物)、cangrejo(カニ)、camaron(エビ)、ostra(カキ)、concha(貝)、coral(珊瑚)。だいぶ増えたがまだまだ不足している。ロジェシソーラス、311animals,insectsの項目。参考までに主な(=太字の)動物の英語名をあげてみる。1.全体・・・animal life, animal kingdom, animal, creature, brute, beast, vertebrate, invertebrate, biped, quadruped, mammal, primate, marsupial, feline, rodent, ungulate2.哺乳類・・・pechyderm, elephant, rhinoceros, hippopotamus;deer, buck, doe, fawn, stag, elk, moose, reindeer, antelope, camel, giraffe; cattle, bovine, cow, bull, steer, ox, calf, heifer, dogie, buffalo; sheep, lamb, ewe, ram; goat, billi goat, nanny goat, kid; swine, pig, hog, shoat, boar, sow; horse, equine, nag, steed, colt, mare, stallion, studhorse, stud, pony, bronco; nag, plug; hunter, saddle horse, riding horse, mount, driving horse, draft horse, workhorse; race horse, show-horse, gaited horse; ass, donkey, burro, jackass, mule; dog, canine, pooch, pup, puppy, whelp;hunting dog; cur, mongrel, mutt; fox, wolf, coyote, hyena; cat, feline, puss, pussycat, kitten, kitty, tomcat; big cat, jungle cat, lion, tiger, leopard; bear, porcupine, groundhog, whistle-pig, raccoon, opossum, weasel, wolverine, skunk, primate, simian, ape, monkey; hare, rabbit, bunny; whale; porpoise, dolphin 3.鳥類・・・bird, fowl, songbird, raptor, eagle, hawk, falcon, owl, peacock, swan, pigeon, dove; poultry, fowl, chicken, cock, rooster, hen, goose, duck, turkey4.爬虫類・・・reptile, lizard; serpent, snake, viper5.両生類・・・amphibian, frog, toad, tadpole, polliwog6.魚類・・・fish, sea serpent, shark, salmon7.その他・・・<陸生>insect, bug, beetle, mite, arachnid, spider, scorpion, tick, caterpillar, insect, fly;ant, termite; bee, wasp, hornet; locust, grasshopper, cricket; vermin, louse, flea, roach, cockroach; leech, tick, mosquito; worm<海生>minnow, sponge, plankton, crustacean, crab, mollusc, clam, oysterこのようになっている。知らない動物名も結構入っているが、やはり偏っていて、特に馬の名前が詳細なのが笑える。やはりサラブレッドを創出し、馬に乗ってアメリカ大陸を開拓した人々の言語だけある。英語ですら、これを全部覚えるのも大変だから、そのスペイン語名を覚えるどころか、調べるのすら相当大変だろう。だがもっと問題なのは、偏りが大きすぎて、手薄のジャンルも多く、これを全部覚えても不足な部分がかなりあるということである。結局、最も近道なのは、日本語での動物名を網羅し、その英語名・スペイン語名を調べるという手順だろう。「日本語でと同じ程度の表現力」という以上、日本名としては「馬」としか呼ばれない程度の(日本人にとっての)重要度の動物の詳細な分類名を覚えるよりも、日本で重要視されている動物名を網羅し、その英語、スペイン語での名称を調べて覚えるほうがずっと大事だと思う。そうすると結局、動物学上の分類(系統樹)を調べて頭に入れ、その中でよく使う動物名を網羅的に調べ上げる。という手順がベストである。そこで、ネット検索に頼るしかない。***生物の一般的分類 原核生物 [編集] 真正細菌(ドメイン:バクテリア) [編集]アシドバクテリア門/Acidobacteriaアクイフェックス門/Aquificaeバクテロイデス門/Bacteroidetesクラミジア門/Chlamydiaeクロロビウム門/Chlorobiクロロフレクサス門/Chloroflexiクリシオジェネス門/Chrysiogenetesシアノバクテリア門/Cyanobacteriaデフェリバクター門/Deferribacteresデイノコッカス-サーマス門/Deinococus-Thermusフィブロバクター門/Fibrobacteresフソバクテリア門/Fusobacteriaジェマティモナス門/Gemmatimonadetesレンチスファエラ門/Lentisphaeraeニトロスピラ門/Nitrospiraプランクトミセス門/Planctomycetesプロテオバクテリア門/Proteobacteriaスピロヘータ門/Spirochetesシネジステス門/Synergistetesサーモデスルフォバクテリア門/Thermodesulfobacteriaサーモミクロビア門/Thermomicrobiaベルコミクロビア門/Verrucomicrobiaアクチノバクテリア門/Actinobacteriaディクチオグロムス門/Dictyoglomiファーミキューテス門/Firmicutesテネリキューテス門/Tenericutesサーモトーガ門/Thermotogae 古細菌(ドメイン:アーキア) [編集]クレンアーキオータ門(界)ユリアーキオータ門(界)コルアーキオータ門(界)ナノアーキオータ門Thaumarchaeota門 真核生物 [編集] 原生生物界 [編集]藻類 緑藻褐藻紅藻珪藻類ユーグレナ植物門クリプト植物門渦鞭毛植物門原生動物 繊毛虫門根足虫類 アメーバ有孔虫太陽虫放散虫胞子虫門 アピコンプレクサ微胞子虫粘液胞子虫鞭毛虫 トリパノソーマ類襟鞭毛虫超鞭毛虫多鞭毛虫その他 変形菌門細胞性粘菌ラビリンチュラ二毛菌門 植物界 [編集]緑藻門コケ植物門車軸藻門維管束植物亜界 古マツバラン門ヒゲノカズラ門トクサ植物門ハナヤスリ門シダ植物門球果植物門(マツ門)ソテツ門イチョウ門マオウ門被子植物門(モクレン門) 双子葉植物綱(モクレン綱)単子葉植物綱(ユリ綱) 菌界 [編集]ツボカビ門(ツボカビ)接合菌門 (ケカビ、クモノスカビ)子嚢菌門(酵母、アカパンカビ)担子菌門(キノコ)不完全菌(アオカビなど。現在は分類群としては認めない)地衣植物門(菌類と藻類の共生体・学名は菌類のもの) 動物界 [編集]海綿動物門平板動物門(センモウヒラムシ)刺胞動物門(クラゲ、イソギンチャク、サンゴ)有櫛動物門(クシクラゲ)中生動物門(ニハイチュウ)扁形動物門(ウズムシ、プラナリア)紐形動物門(ヒモムシ)顎口動物門腹毛動物門輪形動物門(ワムシ)動吻動物門鉤頭動物門内肛動物門線形動物門(回虫、C. elegans)類線形動物門(ハリガネムシ)外肛動物門箒虫動物門腕足動物門軟体動物門(貝、イカ、タコ)鰓曳動物門星口動物門(ホシムシ)ユムシ動物門環形動物門(ミミズ、ゴカイ)緩歩動物門(クマムシ)五口動物門有爪動物門(カギムシ)節足動物門 鋏角亜門 ウミグモ上綱カブトガニ上綱(カブトガニ)クモ上綱(クモ、サソリ)甲殻亜門(エビ、カニ)多足亜門 ムカデ綱(唇脚綱、ムカデ)コムカデ綱(結合綱、コムカデ)エダヒゲムシ綱(少脚綱、エダヒゲムシ)ヤスデ綱(倍脚綱、ヤスデ)六脚亜門 内顎綱外顎綱(昆虫綱)有鬚動物門棘皮動物門(ウニ、ヒトデ、クモヒトデ、ナマコ、ウミユリ)毛顎動物門(ヤムシ)半索動物門(ギボシムシ)脊索動物門 尾索動物亜門(ホヤ)頭索動物亜門(ナメクジウオ)脊椎動物亜門 無顎上綱 ヌタウナギ綱頭甲綱(ヤツメウナギ)顎口上綱 軟骨魚綱(サメ、エイ、ギンザメ)肉鰭綱(シーラカンス、ハイギョ)条鰭綱両生綱爬虫綱哺乳綱鳥綱ちなみにこれとは別に、ゲノム解析に基づく新分類法があるが、一般に通用しているのは依然として上記の分類法である。この分類法はいわゆる五界説に基づいているようだ。※「五界説(ごかいせつ、Five-Kingdom System)は、生物の分類体系のひとつで、生物全体を五つの界に分けるものである。特にロバート・ホイタッカーのものが有名で、非常に大きな影響を与え、現在でも標準として扱われることもある。」この一般的な分類法によると、まず生物は、細胞膜を持たない①原核生物(ホイッタカーのいう「モネラ界 Kingdom Monera=原核生物の細菌類及び藍藻類(当時はまだ古細菌は出ていない))と、これをもつ②真核生物に分かれる。さらに、「現在広く受け入れられている五界説では、真核生物に含まれるのは、③動物、④植物、⑤菌類、⑥原生生物といった4つの界(と呼ばれるまとまり)である」(wikiより。以下同じ)。1.原生生物⑥「原生生物(げんせいせいぶつ)とは、生物の分類の一つ。真核生物のうち、菌界にも植物界にも動物界にも属さない生物の総称。もともとは、真核で単細胞の生物、および、多細胞でも組織化の程度の低い生物をまとめるグループとして考えられたものである。」「原生生物界には以下の様な生物が含まれる。褐藻類、紅藻類といったすべての真核藻類鞭毛をもつ菌類的生物(卵菌類・いわゆるミズカビ類など)粘菌、細胞性粘菌など変形菌門(旧)に所属していたものアメーバ、ゾウリムシなどの原生動物」2.菌類⑤「菌類(きんるい)とは、菌界(学名:Regnum Fungi )に属する生物の総称である。細菌・変形菌などと区別するために真菌(しんきん)とも呼ばれることもある。一般にキノコ・カビ・酵母と呼ばれる生物が含まれる。外部の有機物を利用する従属栄養生物であり、分解酵素を分泌して細胞外で養分を消化し、細胞表面から摂取する。」「菌界はツボカビ類、接合菌類、子嚢菌類、担子菌類などから構成される。ツボカビ類は鞭毛をもつ遊走細胞を形成し、祖先的形質を持つ。ツボカビ類以外は生活史のどの部分でも鞭毛を形成しない。接合菌は接合胞子のうを形成するグループで、ケカビなどを含む。子嚢菌は子嚢の中に胞子をつくるグループで、ビール酵母などを含む。担子菌はキノコの多くを含む分類群である。また、近年の分子系統解析により、これまで原生動物とされてきた微胞子虫も特殊化した菌類の一群であると考えられている。」「一般的に、菌類にはツボカビ門、接合菌門、子嚢菌門、担子菌門の四群が含まれるとされてきたが、近年の分子系統解析により接合菌類が単系統でないこと、これまで原生動物とされてきた微胞子虫が菌類に含まれるであろうことが示されている。このうちで鞭毛細胞を持つのはツボカビ類のみである。水中生活をするものがあるのも大部分がこれで、他の群では水中生活のものはあるが、陸上のものが二次的に水中に入ったと考えられるものが多い。したがって、ツボカビ類がもっとも原始的なものと考えて良い。また、接合菌類は形態・構造に単純な面が多く、これも比較的下等なものと見なし、子のう菌、担子菌類がより高等なものと考える。この2群をまとめたものをディカリアという名称も提唱されている。しかし、これらの関係については明らかではない。」「このほか、重要な菌類の群として、不完全菌類 (Deuteromycetes, Imperfect fungi, Fungi imperfecti) と呼ばれるグループが存在する。これらは無性生殖だけで繁殖しているように見える子嚢菌(しのうきん)または担子菌(たんしきん)である。体細胞分裂によって形成される分生子(ぶんせいし)と呼ばれる胞子により、あるいは胞子を作らずに菌糸の栄養成長のみによって、または酵母として増殖する。不完全菌類はその分生子形成様式などによって便宜的に学名が与えられているが、完全世代(有性生殖を行う世代)が発見・命名されればその学名がその生物の正式な名として使用される。不完全菌類としては同じ属に分類されていたものが、完全世代では別の属に分類されることもあり、不完全菌類としての分類はあくまで暫定的なものである。しかし、たとえばアオカビやコウジカビなど身近に見られるカビのほとんどはこれであり、また植物病原菌など実用上重要なものが多く含まれている。」「地衣類は、コケ類と間違われやすいが、菌類の作った構造の内部に藻類が共生して成立している、複合的な生物体である。これらを分けることも不可能ではなく、それぞれに独立した生物と見なすことも可能である。しかし、実際には両者は強く結びついて生活しており、また両者が揃うことで形成される特殊な成分があったり、極めて特殊な環境で生活できたりと言った面から、それを独立した生物群と見なす。ただしその形態を構成するのは菌類であるから、その名は菌類の名として用いられる。菌類としてみれば、子のう菌であることが多い。不完全菌からなるものは、不完全地衣と呼ばれる。実際には、複数の系統から地衣類が出現したと考えられている。」「現在、菌類の分類体系には手が入り続けている。2007年に見直された分類体系では子嚢菌門、担子菌門、ツボカビ門、Blastocladiomycota門、ネオカリマスティクス門(以上の三門が旧ツボカビ門)、グロムス菌門、微胞子虫門、および門としての分類の難しい4亜門(主に旧接合菌門に由来)に分類されている(Hibbett et al.
tangomario4-spanish.blogspot.com/2009/11/blog-post.html